旅行記

【写真で解説!】1日目/2泊3日の東北旅行

はやね
今回は初めての旅行記です!

仙台発で秋田・青森を廻る2泊3日の旅をご紹介します。

カメラ初心者ながらに撮った写真をたくさん載せていますので、是非、東北の秋を一緒に感じてください^^
※初心者につき、光の調整等うまくいかない部分もあったのですがご了承ください。カメラの撮り方に対するアドバイス等、大歓迎です。

見どころがたくさんあるとは聞いていたけれど、アクセスの問題もありなかなか踏み出した事がなかった東北巡りですが、今回は現地でレンタカーを借りる作戦で計画しました。紅葉シーズンとあって楽しみも2倍です!

日程は10/31〜11/2の3日間、仙台から出発します。
各地の紅葉情報と共にお伝えします。

抱返り渓谷

まずは仙台から角館へ
仙台から角館までは新幹線で1時間半。
本を読んだり到着地のグルメ情報を仕入れていればあっという間に着きますね。

11:00 角館駅 到着

今回はここでレンタカーを借ります。お世話になったのはトヨタレンタカー角館支店さん。角館駅に着いてお店に連絡すれば送迎もしてくれます!

車を無事借り、最初の目的地抱返り渓谷へ

抱返り渓谷は田沢湖や角館をながれる玉川中流にあり、全長約10kmの渓谷。10月下旬〜11月上旬の紅葉シーズンにはたくさんの観光客が訪れる人気スポットです!

抱返り渓谷は角館駅から車で約15分。無料の駐車場があるのが嬉しいです。駐車場から徒歩5分のところに抱返り渓谷の入り口があります。

↑入り口にある石碑
ここから1.1km先の目標地点、回顧(みかえり)の滝に向かって歩きます!

入り口にはこんな看板がありました。

道中はとても綺麗な景色と澄んだ空気にリフレッシュされながらも、足下には小石があって少し歩きにくいので気をつけてください。前の日の天気によってはぬかるんでいることもありますので、スニーカーは必須です。

回顧の滝までは片道約30分程度ですが、エメラルドグリーンの美しい渓流や川の中の大きな岩、湧水などみどころがたくさんなので飽きることなく進んでいけますよ。

 

おすすめの写真スポット

ゴールまであと少し、というところに手彫りのトンネルが3つあります。1つ目のトンネルまできたら一度立ち止まって振り返ってみてください。

抱返り渓谷の宣材写真でよく使われているような絶景写真が撮れます!
水面に映る紅葉が本当に綺麗です。

 

3つのトンネルをくぐったら...突然滝の音が!

こちらが抱返り渓谷の名瀑 回顧の滝です。落差は30m程。
「振り返ってまたみたくなる滝」という名前の由来に納得の美しさです。

紅葉情報

この時期の抱返り渓谷は赤や黄色、オレンジなど様々な色に色づいた山々を眺められます。観光ブックで見るような景色が見られるまさにベストシーズン!

 

武家屋敷

2つ目の目的地は国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けており、文化財として保護もされている武家屋敷。
古くからある建造物や風情ある景色に魅了されます。

今回は抱返り渓谷に時間をかけてしまった為さらっと見る程度になってしまいましたが、実際に武家屋敷の中を見学出来るところも多数あります。

 

日本情緒漂う表通りの街並みにはお土産屋さんや飲食できるお店もあり、ゆったり過ごすのにも良い場所だなと感じました。
この通りは桜、新緑、紅葉、雪景色と四季折々の表情を見せてくれるそう。

気になる今回の紅葉具合は...100点満点!

↑通りには一面赤や黄色に染まった葉が。

 

↑火に照らされた葉っぱのあまりの赤さに思わず一枚。

紅葉情報

武家屋敷の通りもこの期間は紅葉シーズンでした。早すぎる/遅すぎるということもなく、赤や黄色に染まった葉の綺麗な写真が撮れます。

田沢湖

1日目最後の目的地は田沢湖。日本で1番深い湖で、最大水深は423.4m
あまりの規模に一体水面下がどうなっているのか想像もできません..。

今回は田沢湖の有名スポットであるたつこ像前で写真撮影しました。

この時既に16時過ぎ。空の赤と青色がとても幻想的で、奥には八幡平や岩手山、乳頭山が綺麗に見えます。

ココに注意

16:30を過ぎるとだんだんと日が落ちてきますので、その時間までには辿り着けるようにしましょう。

宿・新玉川温泉

1日目の宿は新玉川温泉です。
※宿については写真を撮っていない為、新玉川温泉のイメージ画像は公式ホームページを参照ください。

https://www.shintamagawa.jp/

たつこ像の場所からは車で約1時間15分ほど。
山道ではありますが、道幅も広く綺麗に舗装されているので車でも走りにくさはあまりありません。

 

新玉川温泉は玉川温泉と同じ源泉を使用していて、日本一強い酸性の温泉です。
様々な効能が期待されますが、中でも癌が消える奇跡の湯として有名です。

浴場には弱酸性、源泉50%、源泉100%という泉質の他、打たせ湯や気泡湯、蒸し箱湯、飲湯等変わったお風呂もありました。

温泉に入ってみると少しピリピリとして、「何かに効いていそう」という根拠のない喜びを感じました(笑)

強酸性で皮膚病等にも良いということで、あがった時には肌がつるつる!嬉しい限りです。

 

1日目のタイムライン


  • 11:00 角館駅


  • 11:30 抱返り渓谷


  • 13:00 ランチ


  • 14:30 武家屋敷


  • 16:00 田沢湖


  • 18:00 新玉川温泉


 

はやね
1日目は秋田県内を中心にまわりました。紅葉がとっても綺麗で感動しました。
2日目には青森県に行きます!続きも是非ご覧ください^^

こちらもCHECK

【写真で解説!】2日目/2泊 3日の東北旅行

続きを見る

-旅行記

© 2021 hayalog