就活虎の巻

【内定に繋がる自己分析】自己分析徹底マニュアル

はやね
就職活動の進捗状況はいかがですか?
今回は自己分析に関してのお話です。

就活をするにあたって避けて通れない自己分析。
自分のことは知っているようでなかなか分かっていなかったりします。

自分のことだし聞かれたら答えられるんじゃ...?と自己分析を軽視する方もいるようですが、絶対にダメです。
実際、就活をお手伝いしていると自己分析が出来ているかいないかにより、ESや面接練習の完成度に大きな差があるように感じます。

今回、この記事の中では自己分析を
過去の自分の行動や思考を振り返ることによって、自分自身の本質を探ることと定義します。

また自己分析をした後のゴールとしては"現在の自分を形成する価値観や長所・短所を客観的に捉え、将来の職業選択の一助とすること"を設定したいと思います。

 

なぜ自己分析は必要か

まずはなぜ自己分析をする必要があるのかについて考えてみましょう。

そもそも就職活動をなぜ頑張るかと聞かれたら、自分の望む企業から内定が欲しいから、ですよね。
その目標を達成する為には

  • 企業エントリー(ES提出など)
  • グループ/個人面接
  • 面談

などの企業選考を受けなければいけません。

企業は大量の学生を相手に採用活動を行ないます。その中で内定を獲得するには、あなたが企業にとっての特別なのだとわかってもらう必要があり、簡単なことではありません。

ここで、1つ目の自己分析の意義が出てきます。
それは、自分自身の特別さを認識すること。
企業にあなたの素晴らしさを伝える為にはあなた自身が理解していなけれいけません。
どんな素敵なところがあるの?短所はどんな風にカバーする力がある?仕事能力はどんな風に発揮してくれる?
これらを上手く相手に伝えられるようになることによって、企業側があなたを発見してくれるのです。

 

いやいや...わたし仕事遅いし、これといった才能は何もないし
大学時代も適当に過ごしてきちゃったから自己分析して良いとこなんて出てこないよ...

という謙虚さん。
はっきり言います、断言します。
あなたが気付いていない長所がたくさんあります!!絶対にあるんです。

そんな方にこそ、この自己分析は不可欠です。じっくりと時間をかけて自己分析をし、あなた良さそうね!〇〇の力が仕事にも活きそうだし、この会社が求める人物像にそっくり!
と企業に思ってもらえる自分を発見しましょう。

そしてこの自己分析をすることによって、自分の考えや性格の特徴を再認識することができる為、私ってこういう企業が向いているのかも?こんな人と働いてみたい!という気持ちも生まれてきます。

就職活動における自己分析って、本当に大切なんです。

自己分析の目的

  • 自分自身について深く知ることで、強みや価値観を相手に正確に伝えられるようにする。
  • 希望する職種や企業の軸を明確にする

自己分析を始める時期

以前の記事で自己分析は【大学3年生の9〜11月】には始めましょうと伝えましたが、結論、早ければ早いほど良いです。
この時期に始められていたら100点!これよりも前に始めることが出来ていれば200点!ということです。

ただ大学3年生の5月にやったからもうおしまい!ということではありません。
というのも、自分自身の理解を深めるということは人生のどの節目でも必要であり、自己分析の結果は恒久のものではないからです。

また、11月を過ぎてしまったからといってダメな訳ではありません。
気を付けたいのは、焦って適当にやってしまうこと。
自己分析は時間のかかる作業だということを意識して、落ち着いて取り組んでください。

では、ここからは実際に自己分析のやり方についてみていきましょう。

 

自己分析のやり方

step
1
過去の出来事について考える

過去の時期はいつでも構いません。
幼少期の頃や思春期、学生期などいつでも良いので印象的な出来事を3つ程度思い浮かべてください。
また、出来事は嬉しかったこと、悔しかったこと、怒ったことなど何でもOKです。

step
2
出来事を深堀する

それぞれの出来事に関して、以下の問いかけをしてみてください。

  • なぜそれが〇〇(嬉しい/楽しい/悔しいetc)だったのか
  • その時どのように考えたか
  • その時どのように行動したか
  • その時周りの人はどのようにサポートしてくれていたか
  • そこから見える自分の魅力
  • そこから見える自分の欠点
  • 現在はこの出来事に関してどのように捉えているか

頭に思い浮かべるのでも良いですが、おすすめは書き出す方法です。
後から見返すこともできますし、書き加えたりすることもできます。

step
3
現在の自分について考える

自分自身に以下のことを問いかけてみてください。

  • あなたが好きなこと/作業は何か
  • あなたが嫌いなこと/作業は何か
  • あなたの周りにはどんな友人が多いか
  • あなたは1人の時何をして過ごす事が多いか
  • あなたは複数人といる時どういう立ち回りをするか
  • あなたの譲れないことは何か
  • あなたの長所/短所は何か

自分のことをなるべく客観的に捉えるようにしましょう。
その為に、友人やご家族などに「私ってどんな人?」と長所や短所、印象などを聞いてみるのも有効です。

step
4
自己分析の継続

普段生活している中で、嬉しいこと・悲しいこと・楽しいこと・むかつくこと・悔しいこと等が生じた時、step2に記載されている上から6個目までを考えてみましょう。

※このstep4では書き出すことはおすすめしません。
感情が生じることは頻繁に起こることなので、書き出す作業が面倒くさくなってしまう為です。
このstepで最重要視したいのは継続すること

これは何ヶ月も渡ってしなければいけない大変な作業ではありますが、書き出しが不要とのこともあり、個人的には一番気軽に出来るかつ有効なのではと思います。

step
5
自分の将来について考えてみる

ここでやっと将来のこと、すなわち自分のキャリアに関連づけて考えていきます。
自分が就職したい企業を具体的に挙げるというよりも、以下の項目について考えてみてください。

  • どんな仲間と仕事をしていきたいか
  • どんな作業をしてみたいか
  • 社会にどんな影響を与えたいか
  • 仕事をすることで自分にとってどんなプラスを働かせたいか
  • 理想のライフワークバランスはどのような形か

自由度や社会への貢献度、自分や周囲の人が得られる満足度等様々な面から捉えていきましょう。

 

まとめ

ここで、最初に述べた自己分析のゴール設定が何だったか振り返ってみましょう。それは

現在の自分を形成する価値観や長所・短所を客観的に捉え、将来の職業選択の一助とすること

でしたね。これら5つのstepを丁寧に実施していくことで自己分析は完成します。

繰り返し伝えているように、自己分析は時間がかかり大変ではありますが欠かせない作業です。

自分自身についての理解を深め、あなたの魅力を企業に上手にプレゼンテーションできるようにしておきましょう。またあなたが後悔しない企業選びができるよう、どんな職場で働きたいのかに関しても考えを深めていくようにしましょう。

はやね
自己分析の意義や方法は理解していただけたでしょうか。
皆さんの就職活動にとって少しでもお役に立てていたら嬉しいです。
自己分析に関してもそれ以外の就活のことでも、何か質問がありましたらいつでもお問い合わせください。
どんな小さなことでも歓迎です。
twitterなどでも就活情報を配信していますので、是非参考にしてみてください^^

-就活虎の巻

© 2021 hayalog