その他

はやねの自己紹介

はやね
はじめまして、客室乗務員のはやねです。
今回は私の自己紹介をさせていただきます。

はやねってどんな人?

  • 私は大手航空会社で客室乗務員として勤めています。CA歴は6年目。
  • 自分の性格を一言で言うと明朗快活。とにかくよく笑いよく喋ります。
  • 大学時代の専攻はキャリア教育学でした。現在も人材育成に興味を持ち、ビジネスマナー等を学びながら知識を深めています。
  • 趣味は旅行とバドミントン。中学生の時からバドミントンに取り組んでおり、いわゆる体育会系。

小学校〜高校時代

私には都内で医師をしている姉がいます。姉は妹の私から見てもかなり優秀で、常に学年トップ。学校の先生にも一目置かれている存在でした。学年が二つ違いということもあり、小中高と同じ学校に通った私にとって姉の存在は大きなプレッシャーでした。

比較されることが嫌だった為、勉強を避けて部活動に打ち込む日々。
もちろん得意科目と呼べるようなものは無く、一番の不得意科目は英語。期末テストで25点/100点なんて事は当たり前でした…。
それでもなんとか大学受験をし、現役で地方国立大学へ入学しました。

大学時代

なんとか入学出来た大学でしたが、この学校は第一志望でもなければ都内のキラキラした学校でもありませんでした。今振り返ってみると私は入学当初から強い学歴コンプレックスを抱いていたのだと思います。

この大学に染まってはコンプレックスが解消できないという思いから、学生時代は意識して行動的に過ごしました。
そして次第に"外国で働いてみたい"という気持ちが生まれ、大の苦手である英語を一から勉強し直しました。(ちなみに初めて受けたTOEICは365点でした)

また三年生の時にキャリア教育学と出会い、キャリアとは何か・充実したキャリアライフを送る為には何が必要かについて修学しました。
卒業までには企業に求められる人材像を研究し、身だしなみや立ち居振る舞い、必要とされるスキルはどんなものなのかを考察しました。

就職活動時代

私自身の就活は業界を絞らずに行いました。

漠然と客室乗務員って格好いいなぁという気持ちは抱いていましたが、CAスクール等に通っていなかったこともあり、そもそも就ける職だと思っていなかったのです。
航空業界に加えてメーカー・金融・観光・通信・アパレル・教育機関など25社程エントリーし、結果内々定を貰ったのは7つの企業からでしたが、書類選考は全通過しました。

勝因はアウトプット力です。これは鍛えれば半年〜1年で身につきます。

現在

現在は客室乗務員として国内線と国際線の両方を担当しています。
厳しい職場環境に大変だと感じることもありますが、自身が施したサービスでお客様に笑顔になってもらえる事はやはりとても嬉しく、やりがいです。

大の苦手だった英語に関しても、現在は外国籍のお客様とも支障なく会話できる程度まで成長してくれました。(TOEIC:825。現在も勉強中。)

また旅行が趣味の為、仕事が休みの日には様々なところへ出かけています。知らない世界に足を踏み入れる時のわくわく感がたまりません。

 

はやね
ここまで書かせていただいたように、決して特筆できる能力がある訳ではありませんが、過去の経験から何か皆さんの為になれる事があるかもしれません。
これから少しでもみなさんのお役に立てるような記事を書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

-その他

© 2021 hayalog