エアライン

客室乗務員がいま、あなたに伝えたいこと

はやね
コロナ禍で感じているお客様への気持ちをこのページを借りてお伝えできたらなと思います。
この記事は私からの手紙を受け取った感覚で読んでいただけたら嬉しいです^^

 

航空業界のいま

コロナウイルスの影響を受け、各界大変な状況を過ごされている事と思います。
航空業界でも、コロナによる自粛ムードと各国の入国制限の影響を受け、かつて経験した事がない程の需要減退に直面しています。

外国では大手航空業界の倒産や合併、そして大幅な雇用解雇が止むを得ずされました。国内でも航空会社の倒産や過去最高の赤字決算のニュースが大きな話題になりましたね。

私たち客室乗務員も乗務時のお客様の数の減少や、フライト機会の減少/給料削減などの実情からいかに厳しい状態であるかをひしひしと感じております。
わたしの場合いつどうなるか分からないという不安は常に抱えているものの、幸いまだ雇用が確保されており(以前と比較すれば少ないですが)乗務機会も確保されている状態です。

こんな中、乗務の中で/またtwitterやインスタグラムのSNSなどを通して応援のメッセージをたくさんいただきます。
それが今の私にとって力強い支えとなり、仕事に取り組む原動力ともなっているので、お礼がしたいという気持ちが今回の記事を書こうと思ったきっかけです。
是非最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

 

いつも応援してくださるお客様へ

10月に乗務をしていた時、以下のお手紙をいただきました。

客室乗務員の○○さん。
この度は大変な状況下の中、素敵なサービスをしてくれてありがとう。
コロナ禍での初めての搭乗の為少し緊張しながら乗った私に、いつもと変わらない笑顔を送ってくれ、一気に安心する事ができました。
フライトを通して細やかな気配りをしてくださるその姿に、コロナなんかに負けるな!と応援したくなり筆を取らせていただきました。
コロナが収束した時には必ずたくさん使わせてもらいます。応援しています。

この手紙を読んだ時、思わず涙を流してしまいました。
マスクをしていて私の顔は見えなかったはずなのに笑顔が伝わったことの喜び、応援してくださる気持ちをわざわざ文字にして渡してくださったことの優しさに何としてでもこの苦境を踏ん張り乗り越えようと思いました。

お客様はコロナ禍という緊張感のある中で、サービスの縮小など不便を感じながらも応援してくださっているのだと深く伝わってきました。

 

搭乗してくださる全てのお客様、本当にありがとうございます。
コロナ禍でお客様と触れ合える機会が少なくなってしまった今でも、最大限飛行機を楽しんでいただきたいという気持ちは変わりません。
唯一皆さまとの接点となる搭乗時(降機時)、「ご搭乗ありがとうございます」の一言には

  • お仕事お疲れ様でございます
  • 飛行機からの景色楽しんでくださいね
  • ゆっくり過ごされてください

など込められる全ての思いを込めてお伝えしています。

そして機内では、『こんな状況下だからこそ出来るおもてなし』を精一杯考えています。

  • どうすればこのお客様のご旅行がより大切なものになるか
  • 初めてご搭乗されるお子様の記念に何か特別なことはできないか
  • いつもご搭乗してくださるお客様でも何かこの便だからこその価値をつけられないか

変わらず安心して乗っていただけるようこれからも頑張っていきます。

そして今は乗れないけど、落ち着いたら必ず乗るよ!
と応援してくださるお客様、本当にありがとうございます。

とても心強く、その時の為にしっかりと地に足つけて頑張らなければと奮起させられます。みなさんからの応援は確実に届いています。
また皆さんが気兼ねなくどこにでも行けるようになった時、私たちは支えてくださった皆さんを全力で歓迎します。
心に残るフライトを必ずお届けしますので、どうか楽しみにしていてください。

 

未来の航空職員のみなさんへ

客室乗務員や運行乗務員、グランドスタッフ、整備部門など航空業界での活躍を目指し、準備をしてくださっているみなさん。
皆さんの頑張りはいつも拝見しています。皆さんの頑張りはすごいな、頑張っているなと初心を思い出させてくれます。
乗務の時、「お話し聞かせてください!」と目を輝かせながらメモをとる皆さんのこと、未来の同士としていつも大切に思っています。

コロナにより採用中止や規模の縮小など、どうしようもない事態に不甲斐なさを感じられている事でしょう。
それでも諦めずに夢をかなえる舞台を探し続けたり、中途採用に切り替えて対策をする皆さんの姿には本当にかっこよく、応援したい気持ちでいっぱいになります。

だから、お約束します。

私たち現職社員も一生懸命に今を踏ん張り、将来皆さんが活躍するでしょう舞台を何としてでも守ります。
皆さんが輝く舞台をより素晴らしいものに変えてお待ちしています。

諦めず来たる時に向けて、皆さんも準備をしていてくださったら嬉しいです。
実際に働いている人の話が聞きたい!ということならいつでも対応します。

最後に。
航空業界には素晴らしい仕事がたくさんあります。
空の安全を確固たるものとし、お客様に寄り添う事で喜びをプレゼントできる素敵な仕事です。
私はこの仕事が大好きです。皆さんと一緒に働く事を心待ちにしています。

 

現職の同士たちへ

航空業界で働いている同士のみなさん、お疲れ様です。
かつてないほどの需要減少に、各社厳しい局面を迎えられていることと思います。

その中でも変わらない安全と素晴らしいおもてなしを提供されているお話しを伺うと、私も負けずに工夫を凝らそうと奮起させられます。
コロナ禍でもこんな事ができるよ!コロナ禍だからこんな事を大切にしているよ!などたくさんの知恵を聞き、参考にさせていただいています。これからも知恵を交換し、お客様により楽しんでもらえるフライトづくりがお互い出来たら嬉しいです。

今を乗り越え、共に強くなりましょう。

はやね
最後までお読みいただきありがとうございます。
日々感じているみなさまへの感謝の気持ちを述べさせていただきました。これからも私は頑張っていきますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします。

-エアライン

© 2021 hayalog